釣り

2017年4月 4日 (火)

ボーディングリング

ちょびっと前に買いました。

 

 

「ボーディングリング」

 

Img_4823

 

日本全国1000万人の船酔いアングラーに捧げる、

乗り物酔い予防&治療の画期的器具。

 

 

Img_4824

 

ちょっと器用な人なら自作できるんじゃないの?

ってぐらい単純な原理。

 

こーゆー、盲点?コロンブスの卵?ブレークスルー?

みたいな物事に弱いです(笑)

 

 

 

しかし、使ってる姿はかなりマヌケ。

いや、近未来的?

 

Img_4825

 

 

 

 

 

 

 

それより、もっと問題なのは

 

ワシは船酔いせーへんがや!(爆)

 

ってことだ。

 

 

なので、人体実験希望者募集ちう(笑)

2017年2月22日 (水)

大阪フィッシングショー

天候不良でなかなか釣りに行けません。

 

なので仲間と大阪フィッシングショーへ。

時間の関係で、あわてて回ったのと、並ぶのが嫌いなので特に収穫もなく。

 

Img_4514

 

今回一番気になったのはガイドでした。

ただ、実際に新しいガイドが採用されるのは当分先でしょうなあ。

 

そして全体的にライトタックル化が進んだのかなと。

それだけ魚が釣れなくなったって事でしょう。

 

早くあったかくならないかな。

2016年10月14日 (金)

やっぱりダメでしょ〜↓

イカ、釣れないね。

 

10/13

 

エギだから釣れないだけで、アジなら入れ乗りかも?

と、思い越前へ。

 

途中でアジを買い、某堤防へ。

着いたのは11時ぐらい。

 

なめてました。

 

明るいうちはアタリすらほぼ無し。

 

 

暗くなりかけてようやく、

 

Img_3718

 

日が落ちたら連発。

 

 

夜だけやるほうが正解だね。

これじゃ、ボートでも釣れないわけだ。

 

帰りに温泉入って帰宅しました。

ちなみに帰りに寄った魚屋では釣ったのと同じぐらいのサイズのアオリイカが一杯1000円!ぐらいで売ってました。

やっぱり不漁なんでしょうか?

 

今年はもうボートでイカ釣りしないと思います。

2016年9月24日 (土)

近況(主に憤慨)

特別忙しい、というわけでもなく、たまたま休みと天候が一致しないので逝けなかっただけです。

でも、お盆以降更新してなかったのはサボりすぎか。

 

 

8月中旬

 

お盆明けから荒川の鮭釣りの予約が始まる。

まずは宿泊パックと言って、宿と抱き合わせの企画から受け付け開始なのだが、

 

1:宿の手配をする

2:鮭釣りのライセンスを手配する

 

という順番で予約するのだが、宿の手配はできたのだが、釣りのほうはすでに予約で一杯で取れない、という摩訶不思議な現象にあった。

宿はまだまだ余裕があったようなので、鮭釣りのキャパより宿のキャパのほうが遙かに多いってことか?

でもそれだったら、受付の手配順を逆にして欲しいわ(怒)

 

当然、すぐさま宿はキャンセル。

アホらし。

 

 

 

8月下旬

 

ヒマがあっても釣りに行けず、包丁研いで次回釣行に備えるぐらい・・・

 

Img_3370

 

 

 

9月上旬

 

再び荒川の鮭釣りの申し込み。

なんと夜中の0時にネットで受付スタート。

 

が!

 

Img_3518

 

おっ!アクセスできるぢゃん!

と、思ったが、

 

Img_3517

 

先に進め〜へんがや (#`皿´)

 

30分ぐらいチャレンジしましたが、諦め。

 

朝から再びチャレンジしたが、なんとかアクセスできたときには

 

Img_3527

 

満員御礼!

どーなっとるんだ!?( ゚д゚)、ペッ

 

予約システム変更して欲しいわ。

 

 

このストレスを発散しようにも、釣りに逝く状況ではなく、

 

Img_3615

 

包丁研ぐぐらいしかやることねえ(笑)

 

 

 

9/10

 

ちょーひっさしぶりにゴムボ釣り。

ちと事情があって出しやすさ優先の場所で。

 

Img_3548

 

まだまだ夏枯れの模様で、10時までやってご覧のとおりの貧果でした。

でも最近イカばっかで、ハマチでも魚の引きは楽しかったDeath!

 

  

 

9/11

 

みんなで鮎釣り&BBQ。

 

しかし、にしっぺの場所選びが悪い!(# ゚Д゚) ムッカー

何と今年最後の鮎釣り◯ホゲリ。

 

Img_3568

 

人多すぎてやりたいところでできなかった。

 

 

Img_3564

 

BBQもここまで来るには相当苦労した。

こら!にしっぺ!

ちゃんとライターと着火剤持ってこい!

 

その後温泉入って、大吉ラーメン(これはンマイ)食って帰宅。

 

 

 

9/18

 

世間は三連休だが、自分はこの日だけ休み。

海も荒れているのでジギングフェスティバルに逝ったのだが、今年はかなり不作だった。

特に書くようなことも無く、

 

Img_3602

 

帰りに並んでまで食ったラーメンも自分にはたいしたことなく、王将のほうが断然ウマイと思った。

なお、バカ舌の自分の意見は参考にしないように。

 

 

 

9月下旬

 

玄達で不調が発覚した電動リールの修理が上がってきた。

 

Img_3616_2

 

む、無料?! (゚ロ゚屮)屮

 

なんかもともと問題があったのかな?

しかし本体に使用距離とか記録されてるんだね。

総巻き距離80kmってことは平均水深80mとして1,000回も巻き巻きしたんだ。

 

 

 

 

てな感じでゆるゆると生きてます。

2016年7月26日 (火)

風物詩

今年も行ってきました、恒例の馬瀬川。

 

7/20

 

相変わらず、11時過ぎからスタートという、大人の旅。

 

Img_3226

 

なんでも18、19日と大会があったらしく、ヤバイ雰囲気プンプン。

 

昼飯前の2時間で2匹と惨敗。

 

Img_3227

 

昼食休憩後、5時ぐらいまで頑張りましたが、結局トータル7匹しか釣れませんでした。

ちなみに一緒に行ったお連れ様は30匹近く釣ってるので単純に腕の問題でしょう。

 

美輝の郷でお泊まりして、

 

7/21

 

この日はすぐにズッコーーーーン!

 

Img_3228

 

オトリに使いづらいサイズから(笑)

その後ポツポツで昼までやってツ抜けで終了。

 

馬瀬川って瀬でしか釣れないイメージがあって、釣る人と釣れない人が極端に別れるような気がします。

 

今シーズンあと一回ぐらい鮎釣り行けるかな?

2016年6月24日 (金)

期待に応え

最近、らしくなく、そこそこ釣れてます。

大外れがないです。

 

でもそれはココを見てる人の99%は期待していないと思います(笑)

 

6/22

 

Img_3076

安心して下さい、丸ホゲリです!(大泣)

 

 

多分、ええんじゃないか?

と、勘違いして和良川に鮎釣り逝ったんですけど、9時から11時までやってカワムツ一匹の大撃沈。

全くアタリのなさ、そして結構人がいるけど廻りで釣れてるところを見ない、であえなく2時間でやる気なくなり、シッポ巻いて逃げ帰りました。

自分は最初の2時間で釣り止めましたが、連れはその後場所移動して2時ぐらいまでやってましたがノーフィッシュ。

その間飯食いながら、廻り見学してましたが、誰一人釣ってませんでした。

ヒドイわ。

 

多分渇水すぎてダメなんじゃないでしょうか?

どこでも川渡れるぐらい水少ない。

 

今年また鮎逝くことあるんでしょうか?

2016年6月 9日 (木)

本年初物①

季節がやってきました。

 

6/8

 

今年初めての鮎です。

場所は板取上流。

 

例年だともっと遅いスタートなんですが、今年は暖かいので(笑)

 

Img_2996

 

相変わらず遅いスタート。

既に10時回ってます。

 

水が異様にあったかい。

さらに渇水。

垢が既に腐ってます。

 

糸にゴミが引っかかります。

 

てな、最悪ともとれる状況でしたが、

 

Img_2997

 

わりとすぐ掛かったりします(珍)

 

 

が、その後すぐ根掛かりで、ロスト。

を、3度もやって、結局プラスマイナス0という、なにやってんだかわかんない状態・・・

 

釣りやってる時間より仕掛け直してる時間の方が長いわ(泣)

 

 

その後ポツポツで5匹釣れました。

あ、それはちゃんとした鮎ね。

10cmぐらいのどーにもならんやつ含めるとツ抜けしてますが(汗)

 

あと、カワムツとかアマゴとかも釣れました(笑)

 

この日はまともなサイズと小鮎がポイントでハッキリ分かれてました。

 

で、仕事があるので3時半頃上がり。

 

 

帰って初物頂きました。

 

Img_2998

 

次も初物獲れるといいな。

2015年12月 1日 (火)

荒川サーモンフィッシング 後始末

荒川の鮭釣りから帰ってきて、良く聞かれます。

 

川鮭って食えるの? ( ゚д゚)

 

もちろん食えるに決まってますが、ここではウマイのか?持ち帰る価値があるのか?ってことですね。

 

結論を先に言うと、

 

・味としてはそこそこ。

・美味しく食べるためには手間が掛かる。

 

てことです。

 

釣人でしか味わえない新鮮な、

とか、

この季節限定の脂の乗った、

とか、

美辞麗句の形容詞とは無縁です(笑)

 

 

とはいえ、ちゃんと下処理、調理すれば美味しいですよ。

では、以降自分が考えられる範囲での美味しく食べる方法をかきますが、写真撮ってなくて文字ばっかりの長文なのでごめんなさい。

 

 

 

 

Img_2037

 

現地で頂いた定食には味噌漬けの焼き物と、味噌汁が出てきたんですが、多分コストとの関係であんまり下処理を丁寧にやってないんじゃないかな?

てな感じです。

正直、また食べたいと思うようなものではありませんでした。

 

 

 

自分たちが釣った鮭はいわゆる「ブナ」と呼ばれる状態です。

さらに産卵が終わったヤツは「ホッチャレ」と呼ばれます。

 

Img_2060

 

川に上って結構時間が経ってて、婚姻色が出てます。

こうなると美味しくないと言われてます。

具体的には身がやせてパサパサになる、そんな感じですかね?

そんでもって、川魚特有の臭みが出てくる。

 

 

臭みがあるのは皮。

もったいないとは思いますが、皮を捨てるってのが一番手っ取り早い。

けど、初めてで試したい気があったんで、普通に処理してみました。

ちなみに魚がでかいんでおろすまでは外でやりました。

 

1:まずは流水しながらスポンジタワシでガシガシ洗う。

 かなりやりましたが、臭みの元のヌル取り切れません。

 塩で洗うとか、キッチンペーパーでぬぐうとか、金が掛かる方法は試してません(笑)

 なにしろデカイんで大量に消費します。

 

2:鱗取ろうとしたが、取れません。

 ガシガシやると皮がむけます(笑)

 で、エラワタとります。

 内臓は全て破棄。珍味系好きじゃないんで。

 白子とか興味のある人は自分で釣って試してね。

 一度良く洗う。

 

3:すげーヌルヌルなんで新聞紙に包んでその上から捌きます。

 お金のある人はキッチンペーパーでやって下さい。

 新聞は濡れると千切れまくって、後でとるの大変です(笑)

 普通に3枚おろしにします。

 おろすの自体は簡単です。

 

4:アラは適当な大きさまでブツ切り。

 鯛に比べたら頭柔らかくて楽勝です。

 で、大量に塩振って、1時間ぐらいアク抜き。

   ↓

 下ゆで(熱湯に1分ぐらいくぐらせる)

   ↓

 流水で洗浄

   ↓

 アラ汁に。

 

 最初煮るときに日本酒を1/3ぐらい入れました。

 臭みもなく、旨かったんですが、なにしろ大量(普通の家庭用の鍋2杯分)に出来るんで、ウンザリします(笑)

 

5:身のほとんどは適当な大きさにカットして冷凍庫へ。

 一部をそのまま食べてみます。

 濃い味付けのムニエルは普通に旨い。

 塩焼きはやはり皮目が臭い。脂が全くないわけではなく、身は普通に旨い。

 旨く食べるにはやはり皮を除くことが手っ取り早いかも。

 それに皮がそのまま残る調理法だと、元がブナなんで

 

 ヘビか雷魚食ってるような

 錯覚に陥ります (lll゚Д゚)

 

 ので、気の弱い方はどうかな?(笑)

 

6:一部の生を塩振って冷蔵庫で一週間ぐらい寝かせたもの。

 焼いて食うと普通に塩ジャケで旨い。

 皮はやっぱりイマイチ。

 

7:解凍した物を刺身(ルイベ)で。

 安っすい寿司ネタのサーモントラウトよりは旨い。

 スモークすると結構イケると思う。

 

てな感じで現在に至る。

 

残り丸々一匹分ぐらい冷凍してあります。

寒い地方なら新巻にしたり酒浸し作ったり出来ますが、名古屋では気温高すぎてムリ。

少しずつ鮭トバ作ろうと考えとります。

作って食べたらまた報告します。

 

PS.

NHKのBSプレミアム「釣りびと万歳」で12/6 PM5:30〜6:00、12/12PM6:30〜7:00に荒川の鮭釣りやります。

内容は去年の再放送ですが、興味のある人は見て下さい。

あと、今なら釣りビジョンの「ハイパーエキスパート サーモンタクティクス XI 新潟県荒川」もネットで見れます。

2015年11月26日 (木)

荒川サーモンフィッシング その3

午前中(11時ぐらい)までやって自分はオス2、メス1を釣獲。

といっても2匹はスレですけどね。

 

周りを見る限りでは悪くない方だと思います。

川には鮭一杯いるけど、口使わない。

漁協の人も今日はダメだなあー、なんて言ってましたし。

 

ちなみに友人はこの時点でキャッチ0。

まあ、タックルトラブルであんまり釣り出来てない事もありますが。

 

 

 

 

状況を聞くのと、昼食がてら受付(ゴルフクラブハウス)に戻ります。

今日は3番が調子良いとか、スレだろうが釣ったもん勝ちだ、みたいな慰め?されたり、まあ、そこそこオモシロいおじさんたちです(笑)

 

昼食はクラブハウスを利用できます。

ゴルフの客たちと一緒なんですが、ウエーダー履いたままでも全く嫌がられることもなく、普通に食事できます。

で、選んだのは日替わり定食。

 

Img_2037_2

吞まなやっとれん!(友人談)

 

鮭定食ですわ(笑)

川鮭のイクラってパラパラなんですね。

あと、地元の人は気にしないのか、臭みが取り切れてないのよね。

自分は割とクセのある食品も食べられる方だけど、一般には受けないと思う味でした。

やっぱ、採卵したホッチャレを使ってるんですかねえ?

 

 

ランチの後は漁協に行って、氷をもらいます。

いくらでもタダで氷もらえるんですが、4時までしか漁協が開いてないので、時間まで釣りやるともらえなくなるので要注意です。

 

 

 

午後からはまたポイントを物色しながらドライブ。

ほとんど勘だけで10番ポイントに決定。

午後からは自分が午前中使っていたタックルをそのまま友人に貸し、自分は予備に変更。

 

午後のタックル

ロッド:がまかつ レフレックスレオザ 89MLソリッドセンサー

リール:シマノ 08ツインパワー4000

ライン:PE1号 リーダー:フロロ5号 1m

ルアー、フックは午前と同じ

 

幾分ライトなタックルですが、それでも十分なはずです。

ただスレでアニキが掛かると止められんかも?

かなり暖かくて上着いらないです。

 

 

 

河原に入っていくとタックルをセットしてる間に先行してた友人が既に

 

Img_2038

 

アニキ釣ってました。

3投目で釣れたって。

まあ、オレのタックルのお陰だな(笑)

 

ではなく、入ったポイントが良かったのか、そのまま立て続けにメスを追加。

やりおります。

しかも2匹とも口掛かりです。

 

 

その後も友人は掛けたりしてましたが、残念ながら追加で上がることはなく。

 

 

自分と言えば午後は少し攻め方を変えたけど、良くなかったのか

 

Img_2041

 

80ぐらいのアニキを一本追加したのみでした。

あ、もちろん、背掛かりです(爆)

幸い、下流に人がいなかったので、100mぐらい下りながら取り込みました。

 

 

 

 

 

結局3時45分ぐらいまで頑張りましたが、そのまま終了。

まあ、初めてでなにも分からない状況にしては良かったんじゃないかな?

 

実はどうしてもアカンかったときのためにサンマの切り身も用意しておいたんですが、結局使いませんでした。

今回に限って言えば、川には鮭一杯います。

すげーストック量です。何処行っても見ることが出来ます。

でも、口を使わないですねえ。

渇水だからでしょうか?

多分ヘタクソなんでしょうね。

 

後から見た速報ではこの日70人ちょっとで約200匹上がってますから、結果的にはそんなに悪くない?のかな。

やっぱり腕の問題か。

 

 

 

帰りに受け付け寄って、釣獲調査の最終報告をしたら、お土産の鮭の味噌漬けもらって解散です。

このお土産、ネットでの評判はあまりよろしくない。

やはりホッチャレなんでしょうか?

 

 

 

帰りに少し上流にある「ゆーむ」という日帰り温泉に入り、500km超の道程を帰ってきました。

交代で運転するとそんなに大変ではなかったです。

ま、二人とも釣れたから和やかな雰囲気だし(笑)

 

驚いたのは新潟ではガソリンレギュラー120円と安かったこと、新潟のドライバーはメチャンコ飛ばすってことでした(笑)

 

 

一応釣れたし、久しぶりの友人との旅も楽しかったんで、できることならまた来年チャレンジしてみたいと考えとりますです。

荒川サーモンフィッシング その2

2015/11/23(日)

 

全然わかんないので取りあえず堤防道路からポイント見ながら上流に上ります。

漁協の人の話だと超減水・渇水らしいです。

その状況で見る荒川は規模としては庄内川の枇杷島橋あたりの感じ。

あ、もちろん水質は全然違います(笑)

 

様子を見ながら車を走らせると、すでに河原には釣人が場所取りして開始時間を待ってます。

一旦釣りの出来る最上流の磐梯朝日大橋で右岸に渡り、1番ポイントから河川敷道路(砂利道)に降りてポイント探します。

1番ポイントと3番ポイントの間が空いてましたが、見た感じ釣れそうになかったのでパス。

 

5番ポイントが空いていたのでやることに。

でもモタモタ着替えて準備してる間に2人ほど先に入られました(笑)

朝7時の時点で車の温度計で8℃。

かなりあったかい。

 

Img_2030

 

5番ポイントから上流を見た絵。

すでに7時半ぐらいになっており、廻りはすでに釣り開始してます。

が、釣れてる様子ないです。

我々も釣り開始。

 

使用タックル

ロッド:ダイワ シルバークリークX SC-932RMS-I

リール:シマノ 13ステラSW6000HG

ライン:PE2号 リーダー:フロロ8号 約1m

ルアー:スプーン18〜24g + タコベイト

フック:アキアG 22号

 

のべ竿やフライもオモシロそうですが、新たにタックルを買うのももったいないので、あり合わせのルアータックルです。

多分誰よりもゴツいタックルだと思います。

鮭の食いには影響ないと思いますが、システムが太いと流れに影響されてドリフトしにくくなるのが困りますが、狙ってるのメガアニキ(10kgオーバー)なんで(笑)

と、言いつつも渋い時は3〜5gのルアーを使うこと良いらしいことをどこかで見た気がするので、ライトタックルも車にあります (;´▽`A``

 

 

どう釣ったら良いのか分からないので取りあえず廻りの釣人観察してみると、エサ釣りの人はちょい上流に入れてナチュラルドリフト。

ルアーの人はダウンクロスに投げてスローリトリーブ。

わからんので自分は両方やってみる(笑)

 

 

 

 

 

釣れん!

 

 

約一時間ぐらいやりましたが釣れません。

普通は次々ポイントをランガン(一般的には下っていく)するんですが、よく分からないので同じ場所で定番ポイント(ヒラキ、産卵床になりそうな場所)から、渇水だから流芯近くかも?と深いところまで色々やります。

 

陽が高くなってくると、結構鮭がいるのが見えます。

やっぱり浅瀬か。

 

と、ブレイク際の底スレスレを流して(るつもり)たら

 

ゴッ!

 

ん?

根掛かり?

動かん・・・

 

外そうとしてラインを2、3度しゃくったら動き出した!!!

 

 

シャケだ!!!

 

 

ぐぉーーーーっ!

メッチャ引く。

一昨日釣ったワラサなんか目じゃない!

スピードはないが重量感ハンパない。

寄ってこん!

 

Img_2045

 

 

 

 

しかしこの感じ、

 

スレっぽい(笑)

 

 

 

 

 

 

やっとのことで

 

Img_2055

 

まあ、見事な背掛かりでしたけどね(笑)

約80cmのアニキ。

 

ちなみにこのポイントはネットがないと取り込み大変です。

 

 

 

この後少し上流に移動して

 

Img_2034

 

メス約70cmを追加。

コイツは口掛かりでした。

口掛かりだからなのか、メスだからなのか、たまたまなのか、ジャンプしまくりのスリリングなヤリトリで楽しめました。

 

でもこれはすぐに漁協に嫁入りしていきました。(´Д⊂グスン

 

 

 

 

同じポイントでこの後、強烈な引き!

ガーガードラグ持って行きます。

自分モ一緒に下りますが、止まりません。

 

これ以上出されると下流のアングラーに迷惑を掛けるかもしれなくなったので、やむなくドラグを締め込んだらフックアウト。

多分スレで身切れしたんでしょう。

しゃーない。

 

 

 

またまた同じポイントで全く同じ感じでヒット。

コイツもかなり苦労させられましたが、なんとか取り込むことが出来た。

 

Img_2047

 

またまた背掛かり(笑)

約90cmのアニキ。

てことは、さっきのはメガアニキだったのかなあ?

 

 

 

この時点で11時ぐらい。

なので、ポイント移動、昼食を兼ねて戻ります。

 

Img_2050

 

2匹で15kgぐらいあります。重いわ。

 

 

午後の部につづく・・・

より以前の記事一覧