« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月22日 (月)

青物入荷!

てな情報が先週あたりからちらほら。

では狙ったりますか。

 

Img_9576

 

朝一は風があったのと、表層にベイト反応結構あったので、出艇場所すぐ前でプラグ投げてみる。

けど、ポスッとも出ず、30分ぐらいで早々に諦め。

沖出し。

 

ゆっくり走ってたらものゴッツイ反応ハケーーーーーーン!

 

Img_9577

 

すぐさまジグ投下するも、まったくアタらない。

ジグがペーシェだったこともあり、ゆっくり反応の中を誘っていたが、全然食わない。

そんならリアクション狙い。

 

20m以上ジャカジャカ巻きしてステイ!

 

 

 

 

 

ゴチン!

 

 

 

 

あ、コレでかい。

 

走り方は青物っぽい。

けど、重量感半端ない。

 

PE1.2号、リーダー6号なので、そこそこドラグ締めてあるけど全然上がってこない。

 

もしかしてスレ?

にしては頭振ってるし。

 

まさかサメ?

この辺で見たこと無いけどなあ。

 

いつもの自分だと我慢できなくなってドラグ締め上げていつも失敗してるので、かなり辛抱しました(笑)

 

 

 

 

やっとの事で上がってきたのはでっかいブリ。

 

Img_9578

 

ネットが小さくて全然入らないのでフィッシュグリップで直掴み。

 

Img_9579

 

クソ重え!

持ち上がらない!

仕方ないのでボートのチューブにズリ上げ。

 

Img_9582

 

写真の撮り方が上手くないのでわかりにくいけど、持ち上がらなくて魚の位置を修正できない(笑)

普段大物に縁が無い自分は計量するものを持ち歩かないので正確な数字はわからないけど、多分1m、10kgオーバーだと思う。

 

メチャンコ太ってて旨そうだったが持ち帰れないのでリリース。

 

写真を見て時間を調べたら30分以上ファイトしてた。

こりゃもう時合い終わったなー、と思いつつポイントに戻ってみると記録がまだある!

 

ガチンコタックルに持ち替えてジグ投下!

同じく20m以上ジャカジャカ巻してフォール!

 

 

 

 

 

しない!(爆)

 

 

 

 

 

Img_9584

 

さっきよりは小さい。

し、PE2号だし、強引にゴリ巻。

 

 

楽しい!(笑)

 

 

 

Img_9586

 

普通のブリでした。

 

Img_9587

 

でも手尺で計ってみると、頭と尻尾10cm以上切らないとスペーザ24に入らないことが判明。

さっきのがデカすぎて小さく感じたけど、コイツもそこそこデカイ。

のでめんどくさいからこれもリリース。

 

 

で、ポイント戻ってみたが、時合いは終わっていて、記録無い😵

まあ、ビッグファイトは堪能できたんで、鯛狙いにシフト。

 

したが、その後は全然釣れず。

運が良かっただけでしたね。

 

Img_9589

 

コレが精一杯。

 

で、10時過ぎに早々に退散。

久々にお土産なし。

 

次からは青物狙いはトップ中心でやりますよ〜。

 

2019年4月11日 (木)

福、福、福

なかなか天候に恵まれず、やっとこさ出撃。

この時期日ムラが大きいのでどうかなー?

 

Img_9411_1

 

予報と違って風強い😖

表面水温12℃。

 

パラアンカーないので120gのジグでも3回しか着底わからないほど。

なので、最初はアジ狙いたかったが、強風と全くベイト反応なしに諦め。

 

なんとか頑張ってたら

 

Img_9412

 

んんんー?

食えるのか?

と、ネットで聞いたらマフグで食えるらしい。

知り合いの魚屋に捌いてもらおう、てことでキープ。

 

この後コイツが入れ食いに。

しかもちゃんと口掛かりするんですよ。

 

そうなると、結構首も振って鯛っぽい感じ。

スピード無いけど重量感はあります。

 

ええかげん釣ったところでポイント移動。

 

だんだん風が落ち着いてきたので根回り底を叩いて

 

Img_9418

 

もういっちょ

 

Img_9421

 

さらに

 

Img_9423

 

うーん、お土産は十分だ。

さらに凪ったので沖だし。

 

Img_9422

 

次はレンコラッシュ。

だけど、小さいのでオールリリース。

今回はアマダイ釣れず。

 

で、いろいろ頑張りましたが、いい物は釣れず、12時に上がりました。

 

 

一日中ベイト反応無かったなあ。

桜鯛釣りたかったけど、自分には厳しい結果でした。

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »