« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

九州ダイナマイトツアーその2

2日目。

 

この日は最初から七里でスタート。

 

Img_2762

 

Img_2763

 

ジグ&キャストで攻めますが、昨日と違いかなり渋い。

 

Img_2764

 

ゼッキーも珍しく苦渋の顔です(笑)

 

全く釣れない訳ではないけど、一流し一匹とかそんなレベルなので、僚船からもらった情報を元に鯛釣りに変更。

 

すると、

 

Img_2772

 

ゼッキー怒濤の入れ食い!

どうやらタイラバのネクタイがアタリだった模様。

 

自分もタイラバで1枚、ジグ(赤帝)で1枚釣れた。

 

Img_2771

 

ちなみにヒラマサ10kg釣ったタックルで釣りました(笑)

 

今年に入って散々鯛を狙っても釣れなかったのに、アッサリ釣れました。

やっぱり九州ってスゴかバイ!

 

 

その後帰りしなにトップをやるもヒラゴしか釣れず。

時間切れで帰港です。

 

 

自分はワラサ、ブリ、ヒラマサ、鯛が釣れましたが、他の人はカンパチ、ヒラメ、クエ、マハタ、カサゴなどが釣れてました。

コレといった時合い、ラッシュがなかったのでそれほど釣れたように思えませんでしたが、結果的には2日間で100Lクーラー3個満タンになるぐらい釣れましたね。

 

 

帰りに荷物と魚送るために宅急便に寄ったのですが、宅急便に標準で用意されている専用の箱は10kgのマサだと尻尾を折らないと入らないことが判明。

見た感じだと、12kgオーバーはムリだと思います。

今後遠征予定の方の参考までに。

 

 

最後空港で、

 

O_94894779649cc30467e21c30602b169cd

 

とんこつラーメン食べて名古屋に帰りました。

あ、帰りはジェットでしたよ(笑)

 

 

 

遠征にお付き合い頂いた皆様、ありがとうございました。

また逝きましょう。

2016年4月27日 (水)

九州ダイナマイトツアー

今年も年一回の遠征の季節がやって参りました。

 

4/22、23、24

 

すでに行きの飛行機前から祝杯です。

 

Img_2684

 

これも遠征の楽しみですね。

運転が無いから遠慮無く飲めるってゆう。

 

しかし、案外博多行きの方が少ないのか?

 

Img_2690

 

ペラ機ですわ。

ジェットに比べて遅いので時間が掛かるんですよね。

料金まけてほしいわ。

 

一時間半ブーーーーーーーンと飛んで、

 

福岡に着いたら、まず、BWHに行きました。

が、閉店寸前でゆっくり見る間も無く追い出され、

まずは腹ごしらえ。

 

Img_2691

 

なんだか、有名な店らしいですが、ま、普通のうどん。

 

 

その後宿に行って前祝い。

 

Img_2692

 

したら、もちろん、

 

Img_2693

 

ボタンを押すこと無く爆睡(笑)

 

 

 

 

翌朝、キャスティングからスタートです。

 

Img_2705

 

でもぜーんぜん、出ません。

チェイスすらありません。

 

当然心折れる方が出ます(笑)

キャスティングの裏でジギング始めてます。

しかし、これが良かったと見えて、

 

Img_2713

 

高級魚バコバコ釣りまくります。

ボーズレスガールのおっかけのくせしてTGベイト使ってたのはここだけの話です(笑)

 

 

ま、結局2時間ほどやりましたが、全くトップには反応無く、あったりまえですがトップしかしていない3人はボーズDeath。

で、本命ポイント七里へ。

 

しかし、七里に着いた頃から雨が降ってますdown

でもそれほど雨はひどくないのと、寒くないので気になりません。

 

 

で、ジギングスタート。

 

O_950aa793e9c2aff5be499880e4c45df66

 

ジグはおにぎり180gオールグロー。

割とサクッと釣れたので、トップに戻ります。

 

 

が、その直後

 

Img_2715

 

えらい勢いでライン出される、猛烈なアタリ。

引き方から大マサに間違いない。

 

Img_2718

 

昨年を上回る12kgオーバーのヒラマサ。おめでとうございます。

ちなみにジグはガターリンリンだそうです。

ボーズレスチャチャ使えよ!(笑)

 

 

ま、これ見てジギングに戻したんですが、釣れない。

と、いうか釣れるのはワラサ、小ブリ。

 

なにがいかんのかわからんけど、取りあえずライトタックルにしてみたら、

 

O_721dead34b3bdee055476a857775ec1d7

 

なんとビックリ10.1kgが釣れました!(祝)

PE3号、リーダー14号、ジグはガラシャRR150gヘッドグローシルバー。

3号でも止められました。今のラインすごいね。

 

10kg程度で膝持ちはどうよ?と、ほとんどの方が思われるでしょうな。

自分でも思いましたが、老い先短い自分がこの先、これ以上の大物と出会えるかわからないと考え直し、膝持ちで写真撮っておきました(笑)

 

本来メチャンコ嬉しいんですが、このすぐ後

 

Img_2746

 

同船のおねえちゃんに14kgオーバーを釣られ、並べて血抜きしてたら、自分のがすんげい小さく見えました。

ちなみにジグはゼロ1セミロングです。

このおねえちゃん、さすが九州女子、日本酒ビンからラッパ飲みして祝杯上げてました(笑)

 

 

その後はジギングは満足したのでトップに戻して、

 

O_9ec4e7c37534a62f451750e32d032b6_2

 

そこそこブリ、ワラサで楽しめました。

トップで釣れる個体の方が太ってましたね。

ちなみに自分はBF100、タンゲーラ190を使ってました。

 

結局その後メモリアルになるような魚は釣れず、一日目終了。

 

 

宿に行って、

 

Img_2780

 

おいしい食事して寝ました。

 

 

 

二日目に続く・・・

2016年4月13日 (水)

運だけで釣ってます

「春はゴルフでどえりゃー忙しいでよ−、

オマエなんかと遊んどれーせんわ、

タワケが!」

 

と、ゼッキーからつれないお言葉。

なんで一人寂しく出撃。

 

4/12

 

前日からの寒波でメチャ寒い。

途中の海辺に設置されてる温度計2℃って表示してたし。

 

一人なんでひさびさ、膨らみくん(KAYAK-340)ででっぱつ!

 

Img_2670

 

かすんで見えるのが、霧なのか、黄砂なのか、PM2.5なのかは不明。

寒波のためか表面水温が12℃を切っている。

ヤバイな・・・

 

 

案の定、反応はないです。

しょうがないのでゆっくり沖出ししながら取りあえず水深40mぐらいの所に出来ている潮目でスタート。

 

したら、そこそこすぐにハマチ2連発。

今日の獲物はオメーじゃねーんだよ、と余裕ぶっこいて写真も撮らず、ネットも使わずリリース。

 

幸先良いし、船はほとんど流されないものの、ジグの潮ガミ感は悪くなく、今日はイケるんじゃねーの? と、思いまちた。

 

 

 

が!

 

 

 

なんと!

 

 

 

 ・

 ・

 ・

 

 

だっ、ダメですっ!(泣)©mad師匠

 

 

その後約2時間以上音沙汰無し。

まあ、そんなことは慣れっこだが、今になってハマチの写真を撮っておかなかった事を非常に後悔した。

うーん、このままでは◯ホゲリ疑惑を掛けられてしまう(笑)

 

 

9時ちょっと前だったか、70mラインの潮目で鯛を狙ってタイラバ巻いてたら、底近くでやたら重いだけの手応え。

これは久々のデカいキジハタか?

と、喜び勇んで巻き巻きしてたら、残り20mぐらいから急に暴れ出した。

 

あれ?もしかしてワラサ?

とか、思ったが、上がってみると、

 

Img_2673

 

80近いナイスプロポーションなスズキさんでした。

こんな深いところでも釣れるんだー、とまた一つお勉強。

なんとか美味しい獲物が獲れたんで、落ち着いて鯛狙えます。

 

と、思いながらも元来落ち着きのない自分はウロウロして、昼前になったところで55mラインの潮目を流してたら突然!

 

Img_2677

注:見にくくてすいません

 

確変キタァーーーーーーーーーーッッ!!! ψ(`∇´)ψ

 

 

 

ズゴン!

 

Img_2674

 

長さだけは80近いほっそりワラサ。

いらなかったが、真鯛狙いのスキルジグ77g@イトゥの親方見切り品(笑)を使っていたためか?丸呑みされてエラから出血多量のため、やむなくキープ。

 

 

本来、時合いが来たら釣れたヤツでどんどん釣るのが鉄則だが、オレが欲しいのはオメーじゃねえんだよ、

と、ホセックスに変えて、鰤もしくはヒラマサ狙いでトバすぜ。

 

ドンッッ!

 

Img_2675

 

またまたワラサdown

リリース前提でバーブレス(鎌鼬)フック使っているのにもかかわらず、いらないときはどーにもこーにも外れない(笑)

ただ、さっきと違い丸々と太っていて、どうせキープすんならコッチが良かったなー、と思いました。

 

 

くっそー、ロングジグでもダメなら全然違うインチクだ! 

 

Img_2678

 

やっぱりワラサdown

 

 

で、遊んでいるうちに群れはどこかへさようなら。

時合い終了。

 

この時点で11時半ぐらいだったので、所々で帰りつつしゃくりましたが、無反応。

そしてこの頃から風が出だして流れるようになったのでまだ釣れるかな?

とも思いましたが、北風で南へ流されるので多分ダメだろうと思い、12時頃上がりました。

 

 

 

まー、今回は(も?(笑))狙って釣った感ゼロで、たまたま運良く当たっただけですね。

でもツキも大事なんで、次回遠征に向かってツキが上昇傾向にあるのは有り難いですわ。

2016年4月 7日 (木)

ヤリたい!

ヤリたい!ヤリたい!ヤリたい!・・・

 

と、サカリのついた中学生みたいなことを言うゼッキー

さすが、40にして前立腺肥大になるだけのことはあります(笑)

 

4/5

 

ガマン汁全開で、明るいうちからトバします。

危うくおまわりさんに捕まりそうになりながら、なんとか敦賀の一美丸さんに時間通り到着。

この船まだ半年たっていない新造船でムチャクチャキレイです。

イカ釣りしていいんでしょうか?(笑)

 

Img_2647

 

スベリ知らずのゼッキーと一緒だし、ここ最近は竿頭50杯ほど釣れてると言うから、まあ自分でも20杯は堅いだろー、と舐めてかかります。

ヤル気がないので竿もゼッキーからの借り物。

この日は車の運転もないので、いきなりキャビンで酒盛り。

天気もいいし、山にはチラホラ桜も見えるし、良い季節ですね−。

 

Img_2649

 

あったりまえですが、明るいうちから我々に釣れるほど、甘くないです。

ですので、船上で酒盛りです。

なんでもっとビールを買ってこんのだ!とゼッキーに罵倒されます。

 

 

 

お、あっちからイカが来るぞ!

 

Img_2652

 

だいぶ酔っているようです(笑)

 

 

 

しかし、期待とは裏腹に日が沈んで、集魚灯が点灯しても、全く釣れません・・・

探見丸にはなーーーーんにも映ってませんし。

 

 

かなり暗くなってから、探見丸の下の方にわずかな反応が出た刹那、

 

キタァーーーーーーーーーーッッ!!!

 

Img_2656

 

 

 

 

 

会話もなくなったゼッキーだったが、しばらく後、

 

漏れにもキタッ!

 

Img_2654

 

ゼッキーの表情からいかに厳しい状況か分かります。

 

 

 

この後、本当にポツポツで、特に時合いもなく、終了。

この日はとにかくイカの足が速く、船の下を一瞬で通り過ぎるし、群れも小さい。

集魚灯意味あんの?って感じ。

魚探に反応映った瞬間、その層にスッテがないと釣れません。アタリも小さい。

寒い中、自分でも良く頑張ったわ。

 

Img_2655

 

なんとかツ抜け達成。

キビシイ・・・・

 

夏のマイカまで手を出さないことにしました(爆)

2016年4月 5日 (火)

ノッコミ調査

先回、非常に不満な釣果で終わったこともあり、一日おいて出撃。

 

4/2

 

今年、まだマダイ釣ってないんですよね。

てことで、マダイ狙い&春のトップ調査。

 

Img_2617

 

この日はなんとポイント独り占めの完全単独出艇。

やっぱり4月はみんな忙しいのかな?

 

表面水温は13℃オーバー。

これ、トップ逝ける?

 

 

まず、朝一はジギング。

一流し目の2フォール目ですぐ、

 

Img_2619

 

ワラサ釣れました。

あったかくなったせいか、割と良くひきます。

ライトタックルなのでそれなりに楽しいです。

でも青物いらないのでリリース。

 

その後、なんとワラサ入れ食い状態に。

写真で分かると思いますが、長潮、無風、べた凪、潮トロトロですが。

 

Img_2620

 

計ったように同じサイズが釣れます。

 

活性が高いのか、ダブルも何度かありました。

 

Img_2623

 

普段、青物狙いの時はケツ針付けないんですが、鯛狙いの時は付けるので、ダブルで掛かったり、口以外にも掛かって横向きで上がったりするので、結構シンドイです。

 

 

たまに違う魚も釣れます。

 

Img_2622

 

が、欲しい魚ではないのですべてリリースします。

 

ワラサしか釣れないのでポイントを変え、珍しくタイラバやったりしますが、

 

Img_2626

 

やっぱりワラサしか釣れません。

しかもこの日はえらいタイラバに反応良くて困りました(笑)

 

うーん、鯛はどこ?

 

 

 

Img_2627

 

後から来たRIMさんが深場へ行くというので、お任せして、自分はトップ調査に行きます。

 

 

 

 

 

が、トップをしばらくやりましたが、全くのノーチェイス、ノーバイト。

まだ早いのか?

 

11時頃、再び沖へ行きましたが、やっぱり全く鯛の気配はありませんでした。

昼頃風が強くなってきたので、強制終了。

 

結局お持ち帰りは無し。

でもワラサイポーイ釣れたから良かった。

今年は青物好調ですね。

九州も釣れるかな?(笑)

2016年4月 4日 (月)

三寒四温

タイトルは釣果のことです。

 

最近、老眼と前立腺肥大に悩まされ始めたゼッキーが間違いなく真鯛釣れると言うから、月末だっちゅーのに行きました。

 

3/31

 

しっかし、表面水温11℃ですけど・・・・

 

 

 

そんなことは関係無くスベリ知らずのゼッキーは

 

Img_2604

 

イルカだらけの海で丸々太った完全復調のスズキさんを3本もヒネリ出します (lll゚Д゚)

 

 

こちとら

 

Img_2603

 

これが精一杯 ( ´・ω・`)

 

 

あげくには

 

Kfot02

 

なんかすごいもん釣れました (*´σー`)

 

 

 

昼から仕事だったので、釣れないけど早々にシッポ巻いて退散!

帰りにゼッキーが珍しくソフトを食べたんですが、歯が痛いとシビれてました。

もう、「ハメマラ」全部逝ってますね〜(笑)

 

 

 

※本日のベイト

 

Img_2613_2

 

結構デカいコウナゴ。

春ですね〜。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »