« 荒川サーモンフィッシング その3 | トップページ | 熊野灘 豪華クルーズ »

2015年12月 1日 (火)

荒川サーモンフィッシング 後始末

荒川の鮭釣りから帰ってきて、良く聞かれます。

 

川鮭って食えるの? ( ゚д゚)

 

もちろん食えるに決まってますが、ここではウマイのか?持ち帰る価値があるのか?ってことですね。

 

結論を先に言うと、

 

・味としてはそこそこ。

・美味しく食べるためには手間が掛かる。

 

てことです。

 

釣人でしか味わえない新鮮な、

とか、

この季節限定の脂の乗った、

とか、

美辞麗句の形容詞とは無縁です(笑)

 

 

とはいえ、ちゃんと下処理、調理すれば美味しいですよ。

では、以降自分が考えられる範囲での美味しく食べる方法をかきますが、写真撮ってなくて文字ばっかりの長文なのでごめんなさい。

 

 

 

 

Img_2037

 

現地で頂いた定食には味噌漬けの焼き物と、味噌汁が出てきたんですが、多分コストとの関係であんまり下処理を丁寧にやってないんじゃないかな?

てな感じです。

正直、また食べたいと思うようなものではありませんでした。

 

 

 

自分たちが釣った鮭はいわゆる「ブナ」と呼ばれる状態です。

さらに産卵が終わったヤツは「ホッチャレ」と呼ばれます。

 

Img_2060

 

川に上って結構時間が経ってて、婚姻色が出てます。

こうなると美味しくないと言われてます。

具体的には身がやせてパサパサになる、そんな感じですかね?

そんでもって、川魚特有の臭みが出てくる。

 

 

臭みがあるのは皮。

もったいないとは思いますが、皮を捨てるってのが一番手っ取り早い。

けど、初めてで試したい気があったんで、普通に処理してみました。

ちなみに魚がでかいんでおろすまでは外でやりました。

 

1:まずは流水しながらスポンジタワシでガシガシ洗う。

 かなりやりましたが、臭みの元のヌル取り切れません。

 塩で洗うとか、キッチンペーパーでぬぐうとか、金が掛かる方法は試してません(笑)

 なにしろデカイんで大量に消費します。

 

2:鱗取ろうとしたが、取れません。

 ガシガシやると皮がむけます(笑)

 で、エラワタとります。

 内臓は全て破棄。珍味系好きじゃないんで。

 白子とか興味のある人は自分で釣って試してね。

 一度良く洗う。

 

3:すげーヌルヌルなんで新聞紙に包んでその上から捌きます。

 お金のある人はキッチンペーパーでやって下さい。

 新聞は濡れると千切れまくって、後でとるの大変です(笑)

 普通に3枚おろしにします。

 おろすの自体は簡単です。

 

4:アラは適当な大きさまでブツ切り。

 鯛に比べたら頭柔らかくて楽勝です。

 で、大量に塩振って、1時間ぐらいアク抜き。

   ↓

 下ゆで(熱湯に1分ぐらいくぐらせる)

   ↓

 流水で洗浄

   ↓

 アラ汁に。

 

 最初煮るときに日本酒を1/3ぐらい入れました。

 臭みもなく、旨かったんですが、なにしろ大量(普通の家庭用の鍋2杯分)に出来るんで、ウンザリします(笑)

 

5:身のほとんどは適当な大きさにカットして冷凍庫へ。

 一部をそのまま食べてみます。

 濃い味付けのムニエルは普通に旨い。

 塩焼きはやはり皮目が臭い。脂が全くないわけではなく、身は普通に旨い。

 旨く食べるにはやはり皮を除くことが手っ取り早いかも。

 それに皮がそのまま残る調理法だと、元がブナなんで

 

 ヘビか雷魚食ってるような

 錯覚に陥ります (lll゚Д゚)

 

 ので、気の弱い方はどうかな?(笑)

 

6:一部の生を塩振って冷蔵庫で一週間ぐらい寝かせたもの。

 焼いて食うと普通に塩ジャケで旨い。

 皮はやっぱりイマイチ。

 

7:解凍した物を刺身(ルイベ)で。

 安っすい寿司ネタのサーモントラウトよりは旨い。

 スモークすると結構イケると思う。

 

てな感じで現在に至る。

 

残り丸々一匹分ぐらい冷凍してあります。

寒い地方なら新巻にしたり酒浸し作ったり出来ますが、名古屋では気温高すぎてムリ。

少しずつ鮭トバ作ろうと考えとります。

作って食べたらまた報告します。

 

PS.

NHKのBSプレミアム「釣りびと万歳」で12/6 PM5:30〜6:00、12/12PM6:30〜7:00に荒川の鮭釣りやります。

内容は去年の再放送ですが、興味のある人は見て下さい。

あと、今なら釣りビジョンの「ハイパーエキスパート サーモンタクティクス XI 新潟県荒川」もネットで見れます。

« 荒川サーモンフィッシング その3 | トップページ | 熊野灘 豪華クルーズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 荒川サーモンフィッシング その3 | トップページ | 熊野灘 豪華クルーズ »