« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月21日 (月)

残尿感

年を取ると一年が早いわ。

 

12/20

 

おそらく今年最後の遊漁船。

元々はゼッキーが接待釣行するのに、ムリヤリ付き合わされて(笑)

 

つーことで、前夜のライジングさんの忘年会を断りに行くついでにジグを補充。

 

Img_2182

 

結局コレは使わなかったんですが。

 

んでもって、土曜の夕方、お客様を連れて敦賀入り。

船代を稼ごうとして入ったパチンコでは稼げず、夕食は来来亭でラーメン単品のみという、これからの前兆(笑)

 

やむなく宿で寂しく宴会。

 

Img_2189

 

10時には爆睡。

 

 

 

 

でもって当日、三国の遊漁船バーチカルに乗りました。

相変わらずゼッキーのくじ運の強さで、左艫確保。

が、コレが見事に裏目に。

 

 

Img_2184

 

あれ?釣れん・・・

 

 

 

 

 

少ししてポツポツっとメジロが釣れましたが、

 

Img_2185

 

Img_2186

 

Img_2194

 

Img_2195

 

そこから長い沈黙。

 

 

 

 

 

ガッデム!

 

Img_2188

 

渋い時の頼み綱、電動ジギングも駆使しましたが、アタリすらなし。

 

 

 

しょーがないので昼ぐらいにハマチ釣りに変更。

これはボッコボコに釣れました。

お客様が後日の宴会用に100人前必要というので、ゴミバケツ一杯釣ったりました(笑)

 

 

 

 

その後、大物狙って転々とするもぜーんぜんダメでした。

 

が、最後終了間際にプチ時合いがあり、

ホ♥セックス(旧モデル)

P1000592

で怒濤のメジロ3連チャンで終了。

 

そんな時合いの中、ゼッキーは船長に

「道具は一流なんだけどねー(笑)」

とか言われていました。

あ、そのへん察してそっとしておいてやって下さい(爆)

 

 

 

終わってみればこの日は右舷がアタリ。

船中唯一鰤が上がったのも右舷。

しかも約13kgの極太でした。

 

並べるとワラサがサンマに見えます(笑)

おかげで5本ワラサ釣ったけど、すんごい敗北感。

帰りの車中はお通夜でした(爆)

 

 

 

帰って、出荷(笑)

 

Img_2193

 

 

 

お疲れ様でした。

 

年内にリベンジ逝けるのか?

2015年12月16日 (水)

青物注意報!

長かった青物警報も解除されたようです。

 

12/14

 

前日、サッパリだったとのことですが、確認のため三たびふっさまと。

 

Img_2165

 

この日は昼過ぎからだったので、最初から70mラインに。

 

もう、すぐですよ、奥さん!

 

Img_2171

 

あれ?

 

Img_2168

 

青物違うくね?

 

 

 

 

いや、ダイジョブ!

 

Img_2174

 

ちゃんといます。

 

Img_2166

 

Img_2169

 

さすがに以前のように入れ食いではありませんが、ポツポツ釣れます。

 

で、やっぱりサイズが変わらないので浅場へ。

 

Img_2173

 

最近としては珍しい物釣れました(笑)

おにぎりジグすごいですねー。最近のイチオシです。

 

結局、青物はタマポツで相変わらずワラサしか釣れませんが、まだまだ楽しめそうです。

 

寒波が来て状況がどうなるか?

楽しみですね。

2015年12月10日 (木)

青物警報全国拡大ちう!

いやー、スゴイですね。

今年はどこも青物が絶好調です。

伊勢湾、伊勢志摩、輪島、三国、丹後、越前、どこも釣れまくってます。

 

これは釣れるときに行っとかないと・・・・

 

12/9

 

とはいえ、マグロ釣りでお金がなくなったので、ふっさまにゴムボーツ乗せてもらいます (;^^)ヘ..

 

Img_2135

 

しかも珍しく7時半頃という遅いスタート。

なのですでに船団が沖に出来ていますが、浅い方から徐々にやってみます。

 

Img_2140

 

と、わりとすぐワラサ釣れます。

どこにでもいるようです。

青物警報、偽りなしです。

ただやはり単発で、大きい群れではないようです。

 

なので、船団の出来ている深場へ近づきます。

すると、船団の中に行かず、周辺でも魚探の反応スンゴイ事になってます。

はい、確変スタート!

 

Img_2139

 

怒濤の入れ食いDeath!

同じサイズのワラサが釣れ続きます。

途中レンコダイが一匹引っかかってきた以外は、すべて同サイズのワラサ。

少しずつ場所を移動したりしても変わりません。

今回は寒ブリ、ヒラマサ狙ってPE3号のガチンコタックルなんで、チリともドラグ出ません(笑)

でも今の時期の青物は元気で良く引くのでワラサでも十分楽しい。

今回もロングジグ好調です。

途中試しでXSなど試してみましたが、釣れませんでした。

 

 

船団の中には鰤を釣ってる人もいたのですが、自分たちには配当がありません。

場所?ジグ?シャクリ方?運?

 

昼近くまで頑張りましたが、サイズアップしないので、浅場にヒラマサ狙いに行くことにします。

つーか、鰤の回遊待てるほど気力がないので帰りがてらってことですけどね(笑)

 

 

 

25〜30mの岩礁帯。

 

Img_2142

 

ビックリの一本(笑)

これ以外はやっぱりここでもワラサしか釣れず、1時頃撤収。

相変わらず大物には縁がないです。

贅沢言っちゃアカンけど。

やはり釣れるまで止めない根性が必要でしょうか?

 

ふっさま、長時間遊んで頂きありがとうございました。

 

 

 

本日のベイト。

 

Img_2143

 

沖のワラサは何も入っていませんでしたが、浅場のマサには豆アジビッチリでした。

でも釣れるのロングジグなんよ・・・(笑)

ご参考までに。

2015年12月 8日 (火)

荒川の恵み

先週末はマグロ釣りでお金がなくなったので、釣りには行けませんでした。

都合良く寒くなったので、荒川で釣ってきたサーモンを鮭トバにしてみます。

ま、早い話が鮭を普通に調理しても家族が食べてくれないってのが一番の理由です(笑)

 

本来の鮭トバ作りは手間も時間も掛かるんですが、自分の場合はかなり手抜きです。

 

1:一度冷凍した鮭を解凍。(寄生虫予防のため)

2:皮、骨を取り、寿司ネタよりも少し大きいぐらいに切り分ける。

 本来の鮭トバは皮付きだけど、自分の場合、塩で下処理しないので臭みが残りそうな上、乾きが悪くなるから撤去。

3:市販のニンニク胡椒、一味を適量ふりかけ、市販のめんつゆに一晩浸ける。

4:できるだけ水分(ってドロドロですが)を切ってから干す。

 半日に一回ぐらいひっくり返す。

 

Img_2130

 

天日に曝した方が旨みが出そうですが、そうすると表面だけが乾いて固くなってしまうので、日陰もしくは室内でなるべくゆっくり乾燥する方がいいそうです。

名古屋あたりの気温だと冷蔵庫で乾燥も良いのですが、我が家に冷蔵庫の空きがありません。

自分は初日だけ日にさらし、後は室内で干しました。

 

で、3日後。

 

Img_2134

 

中は半生だし、塩効かせてないし、もちろん防腐剤も入れてないので、冷蔵もしくは冷凍で保存です。

 

 

 

で、ちょっと味見してみましたが、

 

むちゃんこンマイ!!(感涙)

 

これは酒のつまみに最高だわー。

こんな手抜きでもンマイんだから、ちゃんと作る鮭トバやスモークサーモンはさぞかし旨いに違いない。

 

来年は引っかけてでもリミットの5匹釣って持って帰ろうと、さもしい思いがこみ上げました(笑)

2015年12月 3日 (木)

熊野灘 豪華クルーズ

豪華客船「しらさき丸」にて熊野灘クルージングを楽しんできました。

 

12/2

 

こちらの目玉イベントは「キハダマグロ ウオッチング」です。

無料で「サンマ ウオッチング」も追加できます(笑)

 

オプショナルツアーで

「キハダマグロとふれあい体験」

があるのですが、少し高いので今回は遠慮しときました(爆)

 

Img_2107

 

サンライズクルージングでスタート。

 

Img_2108

 

キハダウオッチには欠かせない「キハダコール」もちゃんと用意しました(笑)

 

Img_2109

 

潮風が気持ち良いです。

 

Img_2106

 

しばらくクルーズしてみましたが、見当たらないので、サンマがウオッチできたところで「キハダコール」で呼んでみます。

 

Img_2105

 

ダメなので、キハダくんのお友達の「海鳥さんのレストラン」にいるかもしれないとたずねてみます。

 

Img_2110

 

が、今日はキハダくんはお留守のようです。

 

Img_2122

 

Img_2116

 

昨年はあんなにキハダくんに愛されていたモっさんですら引き寄せることができません。

 

Img_2117

 

まあ、そんなのはいつものことなので、気にすることなく、豪華船上ランチを明るく頂きます。

 

Img_2119

 

運転しない自分は船上で前祝いです。

 

Img_2112

 

お腹がふくれたらシエスタです。

 

Img_2113

 

なかなか出会いがないので

 

Img_2114

 

豪華客船のみに許されるトロールという方法でキハダくんを探します。

 

Img_2115

 

ビンチョウくんの時は効果があったんですけどね。

 

でも、最後にかなり遠くでキハダくんが飛んでいるのを見ることが出来ました。

シャイな性格の個体だったためか、近づいたら隠れてしまいました。

 

 

一日の総航行距離約135kmのクルーズでしたが、残念ながらほぼ見ることが出来なかったです。

こんなことなら高くてもオプションの「ふれあい体験」を頼んどけば良かったです(笑)

 

ではまた来年!

2015年12月 1日 (火)

荒川サーモンフィッシング 後始末

荒川の鮭釣りから帰ってきて、良く聞かれます。

 

川鮭って食えるの? ( ゚д゚)

 

もちろん食えるに決まってますが、ここではウマイのか?持ち帰る価値があるのか?ってことですね。

 

結論を先に言うと、

 

・味としてはそこそこ。

・美味しく食べるためには手間が掛かる。

 

てことです。

 

釣人でしか味わえない新鮮な、

とか、

この季節限定の脂の乗った、

とか、

美辞麗句の形容詞とは無縁です(笑)

 

 

とはいえ、ちゃんと下処理、調理すれば美味しいですよ。

では、以降自分が考えられる範囲での美味しく食べる方法をかきますが、写真撮ってなくて文字ばっかりの長文なのでごめんなさい。

 

 

 

 

Img_2037

 

現地で頂いた定食には味噌漬けの焼き物と、味噌汁が出てきたんですが、多分コストとの関係であんまり下処理を丁寧にやってないんじゃないかな?

てな感じです。

正直、また食べたいと思うようなものではありませんでした。

 

 

 

自分たちが釣った鮭はいわゆる「ブナ」と呼ばれる状態です。

さらに産卵が終わったヤツは「ホッチャレ」と呼ばれます。

 

Img_2060

 

川に上って結構時間が経ってて、婚姻色が出てます。

こうなると美味しくないと言われてます。

具体的には身がやせてパサパサになる、そんな感じですかね?

そんでもって、川魚特有の臭みが出てくる。

 

 

臭みがあるのは皮。

もったいないとは思いますが、皮を捨てるってのが一番手っ取り早い。

けど、初めてで試したい気があったんで、普通に処理してみました。

ちなみに魚がでかいんでおろすまでは外でやりました。

 

1:まずは流水しながらスポンジタワシでガシガシ洗う。

 かなりやりましたが、臭みの元のヌル取り切れません。

 塩で洗うとか、キッチンペーパーでぬぐうとか、金が掛かる方法は試してません(笑)

 なにしろデカイんで大量に消費します。

 

2:鱗取ろうとしたが、取れません。

 ガシガシやると皮がむけます(笑)

 で、エラワタとります。

 内臓は全て破棄。珍味系好きじゃないんで。

 白子とか興味のある人は自分で釣って試してね。

 一度良く洗う。

 

3:すげーヌルヌルなんで新聞紙に包んでその上から捌きます。

 お金のある人はキッチンペーパーでやって下さい。

 新聞は濡れると千切れまくって、後でとるの大変です(笑)

 普通に3枚おろしにします。

 おろすの自体は簡単です。

 

4:アラは適当な大きさまでブツ切り。

 鯛に比べたら頭柔らかくて楽勝です。

 で、大量に塩振って、1時間ぐらいアク抜き。

   ↓

 下ゆで(熱湯に1分ぐらいくぐらせる)

   ↓

 流水で洗浄

   ↓

 アラ汁に。

 

 最初煮るときに日本酒を1/3ぐらい入れました。

 臭みもなく、旨かったんですが、なにしろ大量(普通の家庭用の鍋2杯分)に出来るんで、ウンザリします(笑)

 

5:身のほとんどは適当な大きさにカットして冷凍庫へ。

 一部をそのまま食べてみます。

 濃い味付けのムニエルは普通に旨い。

 塩焼きはやはり皮目が臭い。脂が全くないわけではなく、身は普通に旨い。

 旨く食べるにはやはり皮を除くことが手っ取り早いかも。

 それに皮がそのまま残る調理法だと、元がブナなんで

 

 ヘビか雷魚食ってるような

 錯覚に陥ります (lll゚Д゚)

 

 ので、気の弱い方はどうかな?(笑)

 

6:一部の生を塩振って冷蔵庫で一週間ぐらい寝かせたもの。

 焼いて食うと普通に塩ジャケで旨い。

 皮はやっぱりイマイチ。

 

7:解凍した物を刺身(ルイベ)で。

 安っすい寿司ネタのサーモントラウトよりは旨い。

 スモークすると結構イケると思う。

 

てな感じで現在に至る。

 

残り丸々一匹分ぐらい冷凍してあります。

寒い地方なら新巻にしたり酒浸し作ったり出来ますが、名古屋では気温高すぎてムリ。

少しずつ鮭トバ作ろうと考えとります。

作って食べたらまた報告します。

 

PS.

NHKのBSプレミアム「釣りびと万歳」で12/6 PM5:30〜6:00、12/12PM6:30〜7:00に荒川の鮭釣りやります。

内容は去年の再放送ですが、興味のある人は見て下さい。

あと、今なら釣りビジョンの「ハイパーエキスパート サーモンタクティクス XI 新潟県荒川」もネットで見れます。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »