« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月26日 (木)

荒川サーモンフィッシング その3

午前中(11時ぐらい)までやって自分はオス2、メス1を釣獲。

といっても2匹はスレですけどね。

 

周りを見る限りでは悪くない方だと思います。

川には鮭一杯いるけど、口使わない。

漁協の人も今日はダメだなあー、なんて言ってましたし。

 

ちなみに友人はこの時点でキャッチ0。

まあ、タックルトラブルであんまり釣り出来てない事もありますが。

 

 

 

 

状況を聞くのと、昼食がてら受付(ゴルフクラブハウス)に戻ります。

今日は3番が調子良いとか、スレだろうが釣ったもん勝ちだ、みたいな慰め?されたり、まあ、そこそこオモシロいおじさんたちです(笑)

 

昼食はクラブハウスを利用できます。

ゴルフの客たちと一緒なんですが、ウエーダー履いたままでも全く嫌がられることもなく、普通に食事できます。

で、選んだのは日替わり定食。

 

Img_2037_2

吞まなやっとれん!(友人談)

 

鮭定食ですわ(笑)

川鮭のイクラってパラパラなんですね。

あと、地元の人は気にしないのか、臭みが取り切れてないのよね。

自分は割とクセのある食品も食べられる方だけど、一般には受けないと思う味でした。

やっぱ、採卵したホッチャレを使ってるんですかねえ?

 

 

ランチの後は漁協に行って、氷をもらいます。

いくらでもタダで氷もらえるんですが、4時までしか漁協が開いてないので、時間まで釣りやるともらえなくなるので要注意です。

 

 

 

午後からはまたポイントを物色しながらドライブ。

ほとんど勘だけで10番ポイントに決定。

午後からは自分が午前中使っていたタックルをそのまま友人に貸し、自分は予備に変更。

 

午後のタックル

ロッド:がまかつ レフレックスレオザ 89MLソリッドセンサー

リール:シマノ 08ツインパワー4000

ライン:PE1号 リーダー:フロロ5号 1m

ルアー、フックは午前と同じ

 

幾分ライトなタックルですが、それでも十分なはずです。

ただスレでアニキが掛かると止められんかも?

かなり暖かくて上着いらないです。

 

 

 

河原に入っていくとタックルをセットしてる間に先行してた友人が既に

 

Img_2038

 

アニキ釣ってました。

3投目で釣れたって。

まあ、オレのタックルのお陰だな(笑)

 

ではなく、入ったポイントが良かったのか、そのまま立て続けにメスを追加。

やりおります。

しかも2匹とも口掛かりです。

 

 

その後も友人は掛けたりしてましたが、残念ながら追加で上がることはなく。

 

 

自分と言えば午後は少し攻め方を変えたけど、良くなかったのか

 

Img_2041

 

80ぐらいのアニキを一本追加したのみでした。

あ、もちろん、背掛かりです(爆)

幸い、下流に人がいなかったので、100mぐらい下りながら取り込みました。

 

 

 

 

 

結局3時45分ぐらいまで頑張りましたが、そのまま終了。

まあ、初めてでなにも分からない状況にしては良かったんじゃないかな?

 

実はどうしてもアカンかったときのためにサンマの切り身も用意しておいたんですが、結局使いませんでした。

今回に限って言えば、川には鮭一杯います。

すげーストック量です。何処行っても見ることが出来ます。

でも、口を使わないですねえ。

渇水だからでしょうか?

多分ヘタクソなんでしょうね。

 

後から見た速報ではこの日70人ちょっとで約200匹上がってますから、結果的にはそんなに悪くない?のかな。

やっぱり腕の問題か。

 

 

 

帰りに受け付け寄って、釣獲調査の最終報告をしたら、お土産の鮭の味噌漬けもらって解散です。

このお土産、ネットでの評判はあまりよろしくない。

やはりホッチャレなんでしょうか?

 

 

 

帰りに少し上流にある「ゆーむ」という日帰り温泉に入り、500km超の道程を帰ってきました。

交代で運転するとそんなに大変ではなかったです。

ま、二人とも釣れたから和やかな雰囲気だし(笑)

 

驚いたのは新潟ではガソリンレギュラー120円と安かったこと、新潟のドライバーはメチャンコ飛ばすってことでした(笑)

 

 

一応釣れたし、久しぶりの友人との旅も楽しかったんで、できることならまた来年チャレンジしてみたいと考えとりますです。

荒川サーモンフィッシング その2

2015/11/23(日)

 

全然わかんないので取りあえず堤防道路からポイント見ながら上流に上ります。

漁協の人の話だと超減水・渇水らしいです。

その状況で見る荒川は規模としては庄内川の枇杷島橋あたりの感じ。

あ、もちろん水質は全然違います(笑)

 

様子を見ながら車を走らせると、すでに河原には釣人が場所取りして開始時間を待ってます。

一旦釣りの出来る最上流の磐梯朝日大橋で右岸に渡り、1番ポイントから河川敷道路(砂利道)に降りてポイント探します。

1番ポイントと3番ポイントの間が空いてましたが、見た感じ釣れそうになかったのでパス。

 

5番ポイントが空いていたのでやることに。

でもモタモタ着替えて準備してる間に2人ほど先に入られました(笑)

朝7時の時点で車の温度計で8℃。

かなりあったかい。

 

Img_2030

 

5番ポイントから上流を見た絵。

すでに7時半ぐらいになっており、廻りはすでに釣り開始してます。

が、釣れてる様子ないです。

我々も釣り開始。

 

使用タックル

ロッド:ダイワ シルバークリークX SC-932RMS-I

リール:シマノ 13ステラSW6000HG

ライン:PE2号 リーダー:フロロ8号 約1m

ルアー:スプーン18〜24g + タコベイト

フック:アキアG 22号

 

のべ竿やフライもオモシロそうですが、新たにタックルを買うのももったいないので、あり合わせのルアータックルです。

多分誰よりもゴツいタックルだと思います。

鮭の食いには影響ないと思いますが、システムが太いと流れに影響されてドリフトしにくくなるのが困りますが、狙ってるのメガアニキ(10kgオーバー)なんで(笑)

と、言いつつも渋い時は3〜5gのルアーを使うこと良いらしいことをどこかで見た気がするので、ライトタックルも車にあります (;´▽`A``

 

 

どう釣ったら良いのか分からないので取りあえず廻りの釣人観察してみると、エサ釣りの人はちょい上流に入れてナチュラルドリフト。

ルアーの人はダウンクロスに投げてスローリトリーブ。

わからんので自分は両方やってみる(笑)

 

 

 

 

 

釣れん!

 

 

約一時間ぐらいやりましたが釣れません。

普通は次々ポイントをランガン(一般的には下っていく)するんですが、よく分からないので同じ場所で定番ポイント(ヒラキ、産卵床になりそうな場所)から、渇水だから流芯近くかも?と深いところまで色々やります。

 

陽が高くなってくると、結構鮭がいるのが見えます。

やっぱり浅瀬か。

 

と、ブレイク際の底スレスレを流して(るつもり)たら

 

ゴッ!

 

ん?

根掛かり?

動かん・・・

 

外そうとしてラインを2、3度しゃくったら動き出した!!!

 

 

シャケだ!!!

 

 

ぐぉーーーーっ!

メッチャ引く。

一昨日釣ったワラサなんか目じゃない!

スピードはないが重量感ハンパない。

寄ってこん!

 

Img_2045

 

 

 

 

しかしこの感じ、

 

スレっぽい(笑)

 

 

 

 

 

 

やっとのことで

 

Img_2055

 

まあ、見事な背掛かりでしたけどね(笑)

約80cmのアニキ。

 

ちなみにこのポイントはネットがないと取り込み大変です。

 

 

 

この後少し上流に移動して

 

Img_2034

 

メス約70cmを追加。

コイツは口掛かりでした。

口掛かりだからなのか、メスだからなのか、たまたまなのか、ジャンプしまくりのスリリングなヤリトリで楽しめました。

 

でもこれはすぐに漁協に嫁入りしていきました。(´Д⊂グスン

 

 

 

 

同じポイントでこの後、強烈な引き!

ガーガードラグ持って行きます。

自分モ一緒に下りますが、止まりません。

 

これ以上出されると下流のアングラーに迷惑を掛けるかもしれなくなったので、やむなくドラグを締め込んだらフックアウト。

多分スレで身切れしたんでしょう。

しゃーない。

 

 

 

またまた同じポイントで全く同じ感じでヒット。

コイツもかなり苦労させられましたが、なんとか取り込むことが出来た。

 

Img_2047

 

またまた背掛かり(笑)

約90cmのアニキ。

てことは、さっきのはメガアニキだったのかなあ?

 

 

 

この時点で11時ぐらい。

なので、ポイント移動、昼食を兼ねて戻ります。

 

Img_2050

 

2匹で15kgぐらいあります。重いわ。

 

 

午後の部につづく・・・

2015年11月25日 (水)

荒川サーモンフィッシング その1

荒川っていえば普通の人は東京の荒川を思い浮かべますが、鮭釣りが出来るのは新潟県の荒川です。

しかもほとんど山形県に近い、恐ろしく田舎(失礼)です。

名古屋から約530km。

とても一人で行ける距離じゃないので、今回はドライバー要員の友人と二人で行きました。

 

2015/11/21(土)

 

午後1時半頃名古屋の友人宅をでっぱつ。

 

全く関係無いですが、その日すでに入電された

 

L_a9055ff3fb38d7566509b88d227cb0a2b

 

にしっぺのこんな釣果に気分はサイクーでつ(笑)

 

 

名二環→名古屋高速小牧線→名神→中央道→長野道→上信越道

と渋滞なく順調に流れ行き、途中6時頃新井PAで夕食。

 

Img_2026

 

3連休の夕方にもかかわらずガラガラで、最初心配しましたがそこそこ旨かったです。

海からそんなに離れてるわけでもないが、ハイウエイオアシスのお魚市場の鮮魚高かったです。

 

んで、上信越道→北陸道→日本海東北道 とひた走り、本日のお宿、新潟市のホンマ健康ランドに8時半頃到着。

入るまで知らなかったけど、10、11月は周年祭で入場料が940円。コレは安い!

そして3連休なのにガラ空き(笑)

 

ひとっ風呂浴びた後はもちろん前祝い。

 

Img_2065

 

調子こいて二人で6000円ぐらい飲み食いしました(笑)

なかなか居酒屋メニュー充実してます。

存分に吞んだ後は仮眠室で爆睡。

 

 

翌朝、4時半頃起床。

風呂入ったりしたのでノンビリ5時頃でっぱつ。

で、市内で牛丼屋で朝飯食って約50km走ります。

 

集合受付場所の荒川ゴルフ場には6時チョイ過ぎに到着。

ここで一悶着が。

クラブハウスの駐車場に入ったのだが、先客が停まっているところに行けないので出たんだが、どうやら時間になるまでは外で待機らしい。

事前の説明書にも書いてないし、どこにも案内看板がないので間違えて入っちゃいますわな。

気づいてすぐ出たにもかかわらず、漁協のオッサンにエライ剣幕で怒られました。

しかも謝ってるにもかかわらず、ジジイのせいか3回ぐらい同じ事を繰り返して言うのでさすがに温厚な自分も切れそうになりましたわ(笑)

 

 

 

釣りの受付は6時半からなんですが、すでに20人ぐらい並んでます。

要するに受付順でポイントへ向かえるので、場所取りに等しいらしい。

自分たちはよくわかんないので受付開始してから並びました。

結果的には最初に入るポイントが決まってれば、それからでも十分間に合うことも判明。

 

受付はゼッケンと説明書もらうだけで、特に本人確認とか講習とか有るわけではなく、結局良く状況も分からないままスタートです(笑)

 

2015map

 

どこではじめよっか?

荒川サーモンフィッシング 前フリ

ここ最近は海釣り、それもオフショアの釣りがほとんどですが、もともと淡水の釣りがメインでした。

19年前、日本で初めて川での鮭釣りが出来るようになって、今や日本各地で鮭釣りが出来るようになりました。

 

Img_2068

 

が、ちょうどその頃から釣りのメインが海に移りつつあったので、その後鮭釣りはしてません。

 

 

昨年、何を血迷ったのか、ゼッキーから荒川の鮭釣りに誘われて、結局行かなかったのですが、なんとなく思いが募り今年また申し込み、都合良く連休中日に取れたので長年の憧れであったサーモンフィッシングに行ってきました。

 

比較的近い手取川でなく、荒川を選んだのは、こちらの方が釣れそうだったから、という単純な理由です(笑)

 

普段は釣りの内容など詳しく書くことは無いのですが、これから鮭釣りしようとしてる方の参考になるかもしれないので思い出せる範囲で詳しく書きます。

たった1回の釣行なので何処まで信用できるかは各々お考え下さい。

 

荒川の鮭釣りの公式HPはコチラ

2015年11月24日 (火)

青物警報再発令ちう!

予定を変更してお届けします。

再び青物警報が発令されました→コチラ

行くなら今でしょ!

 

11/20

 

明日から遠征なのに(笑)慌てて緊急発動!

なのでふっさまに乗せてもらいます。

 

Img_2015

 

まずは投げ釣り。

 

しかし、7時から9時ぐらいまで投げ倒しましたが、2チェイスのみ。

しかもサゴシっぽいdown

 

ノーバイト、ノーフィッシュのままジギングへ。

が、これまたヒラマサ狙って浅いところは全然ダメ。

 

やむなく深場でやり出すと、

 

Img_2016

 

鰤と確信していた脳天掛かりのワラサ(笑)が釣れたのを皮切りに確変スタート!

 

Img_2024

 

ワラサ入れ食いDeath!

 

Img_2024_2

 

最初釣れなかったふっさまもロングジグに変えてからは

 

Img_2017

 

入れ食いDeath!

 

Img_2017_2

 

この日は水深60〜70mならどこでも良かったみたい。

 

Img_2025

 

Img_2018

 

少し食いが落ちたなー?

と思ったら食う層が上ずってきて中層でバンバン当たるように変わりました。

 

そしたら

 

Img_2020

 

サワラも混じりました。

 

サイズアップしないかなーと続けてましたが、ワラサしか掛からないので(←贅沢すぎ)昼から再び浅場でヒラマサ狙いましたが、やっぱり釣れませんでした。

 

いやー、久しぶりに青物の入れ食い堪能しました。

今の時期良く引くんでオモシロいです。

 

明日から遠征なんで、トランク大将いっぱいのワラサはふっさまに押しつけて(笑)、スタコラ帰りました。

2015年11月16日 (月)

オカズ釣り

今年は週末ごとに天気悪いDeath!

行けるとこ限られて、行く相手も限られて(笑)

 

11/15

 

今最も運気の悪い、にしっぺのおっき丸に乗船。

この日は持ち前の晴れ男ぶりを発揮し、出艇場所に着いたら雨止んだ。

さらにやたら暖かい。

表面水温も20℃オーバー。

 

おっき丸、最近エンジンを新調したんだが、相変わらずの始動性の悪さ。

なんか変な改造でもしてるんかな?(笑)

 

でっぱつ!

 

してすぐの場所でいきなり自分にヒット!

もんのスゴいビビビ感に待望のソーダガツオを確信したが、ハガツオで有ってくれと願いながら巻いていたら痛恨のフックアウト。

しかし直後船長にヒット!

 

Img_2003

 

ツバス釣って猛烈に喜んでました(笑)

 

これはモーニングサービス突入か?

と、ヌカ喜びしたがその後全く当たらずdown

 

仕方なく風はないもののウネリ強い中、沖出し。

 

途中、時たま当たるけど

 

Img_2005

 

やたらでかいエソとか、ホウボウとか、小根魚とか。

沖に行けば行くほど、アタリ遠のきます。

 

仕方ないので、もう一度浅場へ。

 

すると、

 

Img_2008

 

ナイスマハタ。

 

Img_2004

 

ナイスソーダ。

 

Img_2006

 

ナイスホウボウ

 

などが釣れてなんとかオカズ確保。

おっき丸にしては頑張ったほうかな(笑)

そこそこアタリはあったんですが、フッキング出来なかったり、すぐ外れたりしたのが多かったですわ。

フックシステムが悪いんかな?

 

 

本日のキープ。

 

Img_2009

 

そろそろ鍋もいい季節ですね。

 

次回は遠征修行釣行記の予定です(笑)

2015年11月 9日 (月)

ポロリ

今回も一人で寂しく膨らみくんで。

 

11/7

 

サワラ釣りたいなー、と考え最初出ようと考えてた所は、行ってみたら駐車場満杯。

で、しかたなく別場所から。

 

釣り始めてすぐ掛かります。

 

Img_1993

 

こんなん・・・

25cmぐらいなんで、リリース。

 

その後モ

 

Img_1996

 

Img_1995

 

Img_1994

 

こんな感じ・・・

 

 

昼近くにやっと

 

Img_1997

 

ハマチ。

コロコロで旨そうですが、まだ家に半身有るのでリリース。

 

その後ヒットして猛烈に食い上げた。

これは間違いなくサワラ。

これで帰れる、

 

と、思ったが、ランディング後写真撮ろうと思ってフィッシュグリップで持ち上げたらサワラが暴れてポロリ(大泣)

 

結局写真にすら残らず。

絞めてからやれば良かった。

 

諦めきれず、2時まで延長しましたが、結局何も追加なし。

まあ、悪いときはそんなもんですな。

 

キープは助からなかったレンコダイと35cmぐらいのカサゴだけ。

ま、久しぶりに刺身に出来るカサゴ釣れたからヨシとしよう。

 

青物の捕食スイッチって何処で売ってますかね?

2015年11月 4日 (水)

鳥山明とナブラチロワの共演

午前中の天気が悪い予報だったので、昼から重役出勤。

 

11/3

 

ややウネリが有るものの凪(笑)

 

この日はスタートから魚探の反応モリモリ、鳥イポーイ、ナブラボコボコ。

いやー、こんなことあるんですねえ。

 

 

でもそんなときに限って食わないのよ、これが┐(´д`)┌

 

なんとかトップ(タンゲーラ170)でハマチ一本取れただけ。

その後誘い出しに戻ろうとしたとき、途中でジギングしたら、 

 

Img_1983

 

ちょっと良いサイズ?

 

Img_1984

 

グッドコンディションのヒラマサ。

 

 

しかし、後が続かず。

 

 

 

誘い出ししてたら、なんとBF30で

 

Img_1987

 

これまたグッドコンディションのサワラ。

 

 

あまりにもトップで出ないので、ジギングに移行しましたが、大ハマチ追加のみで日没終了。

夕方時合いなかったわ。

 

ゼッキーに一方的にやられた半日でした。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »