« 荒川サーモンフィッシング その2 | トップページ | 荒川サーモンフィッシング 後始末 »

2015年11月26日 (木)

荒川サーモンフィッシング その3

午前中(11時ぐらい)までやって自分はオス2、メス1を釣獲。

といっても2匹はスレですけどね。

 

周りを見る限りでは悪くない方だと思います。

川には鮭一杯いるけど、口使わない。

漁協の人も今日はダメだなあー、なんて言ってましたし。

 

ちなみに友人はこの時点でキャッチ0。

まあ、タックルトラブルであんまり釣り出来てない事もありますが。

 

 

 

 

状況を聞くのと、昼食がてら受付(ゴルフクラブハウス)に戻ります。

今日は3番が調子良いとか、スレだろうが釣ったもん勝ちだ、みたいな慰め?されたり、まあ、そこそこオモシロいおじさんたちです(笑)

 

昼食はクラブハウスを利用できます。

ゴルフの客たちと一緒なんですが、ウエーダー履いたままでも全く嫌がられることもなく、普通に食事できます。

で、選んだのは日替わり定食。

 

Img_2037_2

吞まなやっとれん!(友人談)

 

鮭定食ですわ(笑)

川鮭のイクラってパラパラなんですね。

あと、地元の人は気にしないのか、臭みが取り切れてないのよね。

自分は割とクセのある食品も食べられる方だけど、一般には受けないと思う味でした。

やっぱ、採卵したホッチャレを使ってるんですかねえ?

 

 

ランチの後は漁協に行って、氷をもらいます。

いくらでもタダで氷もらえるんですが、4時までしか漁協が開いてないので、時間まで釣りやるともらえなくなるので要注意です。

 

 

 

午後からはまたポイントを物色しながらドライブ。

ほとんど勘だけで10番ポイントに決定。

午後からは自分が午前中使っていたタックルをそのまま友人に貸し、自分は予備に変更。

 

午後のタックル

ロッド:がまかつ レフレックスレオザ 89MLソリッドセンサー

リール:シマノ 08ツインパワー4000

ライン:PE1号 リーダー:フロロ5号 1m

ルアー、フックは午前と同じ

 

幾分ライトなタックルですが、それでも十分なはずです。

ただスレでアニキが掛かると止められんかも?

かなり暖かくて上着いらないです。

 

 

 

河原に入っていくとタックルをセットしてる間に先行してた友人が既に

 

Img_2038

 

アニキ釣ってました。

3投目で釣れたって。

まあ、オレのタックルのお陰だな(笑)

 

ではなく、入ったポイントが良かったのか、そのまま立て続けにメスを追加。

やりおります。

しかも2匹とも口掛かりです。

 

 

その後も友人は掛けたりしてましたが、残念ながら追加で上がることはなく。

 

 

自分と言えば午後は少し攻め方を変えたけど、良くなかったのか

 

Img_2041

 

80ぐらいのアニキを一本追加したのみでした。

あ、もちろん、背掛かりです(爆)

幸い、下流に人がいなかったので、100mぐらい下りながら取り込みました。

 

 

 

 

 

結局3時45分ぐらいまで頑張りましたが、そのまま終了。

まあ、初めてでなにも分からない状況にしては良かったんじゃないかな?

 

実はどうしてもアカンかったときのためにサンマの切り身も用意しておいたんですが、結局使いませんでした。

今回に限って言えば、川には鮭一杯います。

すげーストック量です。何処行っても見ることが出来ます。

でも、口を使わないですねえ。

渇水だからでしょうか?

多分ヘタクソなんでしょうね。

 

後から見た速報ではこの日70人ちょっとで約200匹上がってますから、結果的にはそんなに悪くない?のかな。

やっぱり腕の問題か。

 

 

 

帰りに受け付け寄って、釣獲調査の最終報告をしたら、お土産の鮭の味噌漬けもらって解散です。

このお土産、ネットでの評判はあまりよろしくない。

やはりホッチャレなんでしょうか?

 

 

 

帰りに少し上流にある「ゆーむ」という日帰り温泉に入り、500km超の道程を帰ってきました。

交代で運転するとそんなに大変ではなかったです。

ま、二人とも釣れたから和やかな雰囲気だし(笑)

 

驚いたのは新潟ではガソリンレギュラー120円と安かったこと、新潟のドライバーはメチャンコ飛ばすってことでした(笑)

 

 

一応釣れたし、久しぶりの友人との旅も楽しかったんで、できることならまた来年チャレンジしてみたいと考えとりますです。

« 荒川サーモンフィッシング その2 | トップページ | 荒川サーモンフィッシング 後始末 »

コメント

おやぢさん、こんばんは!
サーモンフィッシング、お疲れ様でした。
メスは漁協に回収されて、オスはお持ち帰りなんですか?
食味の方はどうでしたか?

おやぢさんどうもです。

サーモンフィッシング!
素晴らしい!
羨ましい!(笑)

引いたでしょうなあ。
すごいなあ。
サーモンもかっこいいですねえ。
貴重な記事ありがとうございました。

madtakaさん>

雌はどんだけ釣ってもリリース禁止で強制収容です(笑)
ごまかして持ち帰ることができないこともないですが、川鮭の場合はイクラ作るのも手間なんでそこまでして持ち帰る気になりません。
雄は5匹までキープできます。

味のレポートはまた後日しますね。

お凸坊主さん>

鮭の引きは強烈で、シーバスとは重量感が段違いです。
ただ釣り自体のゲーム性はシーバスのほうが面白いかな。
環境は圧倒的に荒川が上です(笑)

来年行きます?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 荒川サーモンフィッシング その2 | トップページ | 荒川サーモンフィッシング 後始末 »