« 荒川サーモンフィッシング その1 | トップページ | 荒川サーモンフィッシング その3 »

2015年11月26日 (木)

荒川サーモンフィッシング その2

2015/11/23(日)

 

全然わかんないので取りあえず堤防道路からポイント見ながら上流に上ります。

漁協の人の話だと超減水・渇水らしいです。

その状況で見る荒川は規模としては庄内川の枇杷島橋あたりの感じ。

あ、もちろん水質は全然違います(笑)

 

様子を見ながら車を走らせると、すでに河原には釣人が場所取りして開始時間を待ってます。

一旦釣りの出来る最上流の磐梯朝日大橋で右岸に渡り、1番ポイントから河川敷道路(砂利道)に降りてポイント探します。

1番ポイントと3番ポイントの間が空いてましたが、見た感じ釣れそうになかったのでパス。

 

5番ポイントが空いていたのでやることに。

でもモタモタ着替えて準備してる間に2人ほど先に入られました(笑)

朝7時の時点で車の温度計で8℃。

かなりあったかい。

 

Img_2030

 

5番ポイントから上流を見た絵。

すでに7時半ぐらいになっており、廻りはすでに釣り開始してます。

が、釣れてる様子ないです。

我々も釣り開始。

 

使用タックル

ロッド:ダイワ シルバークリークX SC-932RMS-I

リール:シマノ 13ステラSW6000HG

ライン:PE2号 リーダー:フロロ8号 約1m

ルアー:スプーン18〜24g + タコベイト

フック:アキアG 22号

 

のべ竿やフライもオモシロそうですが、新たにタックルを買うのももったいないので、あり合わせのルアータックルです。

多分誰よりもゴツいタックルだと思います。

鮭の食いには影響ないと思いますが、システムが太いと流れに影響されてドリフトしにくくなるのが困りますが、狙ってるのメガアニキ(10kgオーバー)なんで(笑)

と、言いつつも渋い時は3〜5gのルアーを使うこと良いらしいことをどこかで見た気がするので、ライトタックルも車にあります (;´▽`A``

 

 

どう釣ったら良いのか分からないので取りあえず廻りの釣人観察してみると、エサ釣りの人はちょい上流に入れてナチュラルドリフト。

ルアーの人はダウンクロスに投げてスローリトリーブ。

わからんので自分は両方やってみる(笑)

 

 

 

 

 

釣れん!

 

 

約一時間ぐらいやりましたが釣れません。

普通は次々ポイントをランガン(一般的には下っていく)するんですが、よく分からないので同じ場所で定番ポイント(ヒラキ、産卵床になりそうな場所)から、渇水だから流芯近くかも?と深いところまで色々やります。

 

陽が高くなってくると、結構鮭がいるのが見えます。

やっぱり浅瀬か。

 

と、ブレイク際の底スレスレを流して(るつもり)たら

 

ゴッ!

 

ん?

根掛かり?

動かん・・・

 

外そうとしてラインを2、3度しゃくったら動き出した!!!

 

 

シャケだ!!!

 

 

ぐぉーーーーっ!

メッチャ引く。

一昨日釣ったワラサなんか目じゃない!

スピードはないが重量感ハンパない。

寄ってこん!

 

Img_2045

 

 

 

 

しかしこの感じ、

 

スレっぽい(笑)

 

 

 

 

 

 

やっとのことで

 

Img_2055

 

まあ、見事な背掛かりでしたけどね(笑)

約80cmのアニキ。

 

ちなみにこのポイントはネットがないと取り込み大変です。

 

 

 

この後少し上流に移動して

 

Img_2034

 

メス約70cmを追加。

コイツは口掛かりでした。

口掛かりだからなのか、メスだからなのか、たまたまなのか、ジャンプしまくりのスリリングなヤリトリで楽しめました。

 

でもこれはすぐに漁協に嫁入りしていきました。(´Д⊂グスン

 

 

 

 

同じポイントでこの後、強烈な引き!

ガーガードラグ持って行きます。

自分モ一緒に下りますが、止まりません。

 

これ以上出されると下流のアングラーに迷惑を掛けるかもしれなくなったので、やむなくドラグを締め込んだらフックアウト。

多分スレで身切れしたんでしょう。

しゃーない。

 

 

 

またまた同じポイントで全く同じ感じでヒット。

コイツもかなり苦労させられましたが、なんとか取り込むことが出来た。

 

Img_2047

 

またまた背掛かり(笑)

約90cmのアニキ。

てことは、さっきのはメガアニキだったのかなあ?

 

 

 

この時点で11時ぐらい。

なので、ポイント移動、昼食を兼ねて戻ります。

 

Img_2050

 

2匹で15kgぐらいあります。重いわ。

 

 

午後の部につづく・・・

« 荒川サーモンフィッシング その1 | トップページ | 荒川サーモンフィッシング その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 荒川サーモンフィッシング その1 | トップページ | 荒川サーモンフィッシング その3 »